銀行ローンは総量規制はどうなるの?

キャッシングベスト3

銀行ローンは消費者金融と違うの?総量規制はどうなりますか

どこから借り入れをしようか悩んでいます。年収400万円なのですが、車の購入で150万円借入れがしたいと思っています。しかし、消費者金融には総量規制というのがあって年収の三分の一を超える借入れはできないと聞きました。

そんなときに銀行ローンは総量規制対象外といったことが書いてある広告を見ました。これって本当ですか?銀行ローンは消費者金融と違うの?消費者金融と違うと総量規制はかからないというコトですか?本当のところ総量規制はどうなりますか?

銀行ローンは総量規制の対象外

消費者金融は貸金業法、銀行ローンは銀行法というそれぞれ違った法律に基づいています。この消費者金融の貸金業法が改正され2010年に完全施行となり現在は改正貸金業法に基づいています。その改正貸金業法の中に年収の三分の一までしか借り入れができないとする総量規制というのが含まれています。

そのため、総量規制が適用されるのは貸金業法に基づいている消費者金融や信販会社のキャッシング利用、クレジット会社のキャッシング枠などになります。つまり、銀行は銀行法なので総量規制の対象外という訳です。

車の購入で150万円の借入れを考えているというコトですが、マイカーローンには申し込めない状態なのでしょうか。マイカーローンは低金利ですが、審査が厳しい上に過去に延滞などの情報があると借りることができませんね。マイカーローンの代わりに総量規制の無い銀行ローンで借入れをすることで車を手に入れることができるようになります。

キャッシングの総量規制に入るの?銀行ローンの借り入れ

キャッシングでは「年収の三分の一以上の金額は借りられない」という規制がかけられています。これは「総量規制」と呼ばれるもので、主に消費者金融のキャッシングやカードローン、クレジットカードのキャッシング枠を利用する際に適応されます。

例えば、皆さんが消費者金融で借り入れをした際に年収の三分の一以上を借りてしまった場合、総量規制に引っかかってしまうことになりますので、これ以上の借り入れは不可能となります。消費者金融は複数のキャッシングやカードローンを同時に利用することもできるため、年収の三分の一以上を借り入れできてしまう恐れもあるのです。

カードローンを三社同時に契約して借り入れをしていたとすると、それぞれのカードローンの限度額までなら自由に借り入れができるようになりますよね。しかし、三社のカードローンの借り入れ金額を合わせると年収の三分の一以上になってしまう、という場合は総量規制に引っかかることになります。つまり、現段階以上の借り入れはできなくなるというわけです。

複数のキャッシングやカードローンを利用していると総量規制に引っかかりやすくなりますので、現在複数社の消費者金融で借り入れをしている皆さんは十分に気をつけておきましょう。もちろん複数社ではなくても、キャッシングやカードローンでお金を借り過ぎるというトラブルは誰しも注意しなければいけないものです。消費者金融で借り入れをする場合にはお金の借り過ぎによるトラブルが起こらないよう、計画的に利用していきましょう。

このように消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象とされていますが、実は銀行のカードローンにおいては総量規制の対象にはなっていません。そのため銀行のカードローンなら年収の三分の一以上を借り入れすることも可能です。同じカードローンでも消費者金融と銀行とでは大きな違いがあるのです。

とは言え、年収の三分の一以上の金額を金融機関を通して借り入れするということは大変な借金を抱えることになります。結果的に返済することができれば問題ありませんが、返済をしていく中で「完済できる自信がない・・・」という不安も感じやすいものですし、実際に返済することが不可能になってしまったというケースもあります。銀行のカードローンは総量規制の対象ではありませんが、お金を借りるという意味をよく理解した上で計画的な利用を心がけてください。

特に銀行は低金利で借りやすいことに魅力があります。消費者金融と比較すると分かりますが、銀行の方が圧倒的に金利が低くなっています。金利が低いということは利息の負担がかかりにくいということになりますから、借り入れをする皆さんにとっては非常にお得に感じられるものです。

けれども、低金利だからいつでも利息がかからないというわけではありません。たくさん借りればその分だけ利息はかかりますし、借りている金額が長期になる場合も利息の負担を増やすことになります。低金利というだけでは利息の負担を軽減させることはできません。利息がどのくらいかかるのかは皆さんの使い方によって異なります。できるだけ利息をかけずにお金を借りたいのであれば、低金利であるなしにかかわらず、借り入れ金額は最小限に止めておくよう注意してください。

お金に関するトラブルは総量規制の対象となっている消費者金融だけではありません。むしろ総量規制がないからこそ、銀行のカードローンで借り過ぎてしまうケースも多いものです。キャッシングやカードローンは本当に必要な時だけ利用しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 \早急にお金をつくる方法\利用者口コミNo1キャッシング All Rights Reserved.